<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

陰陽師 瀧夜叉姫

そぞろ歩く鬼たちの百鬼夜行から始まる物語。
晴明が百鬼夜行をいち早く発見し、師の忠行ともども命拾いした話はたびたび語られていますが、今回はそれだけで終わらず、その百鬼夜行が実は…という数十年後まで含めて語られています。

とにかく上巻は百鬼夜行に始まり、鬼にかかわることになった人々の苦悶(鬼に食われたり、とり憑かれて異形に変じたり)がグロテスクに生々しく描写されているので、想像力の豊かな方には結構つらいかもしれません。
自分は少し読み飛ばしてしまいました…。

いくつも起こる怪異が、実はひとつの事件を基にして起こっていた、というのが上巻の最後でようやく明らかになります。

そして下巻最初の(「いつもの」ともいえる)博雅と晴明のやりとりにようやく心和み、謎が解きほぐされていくといつもの陰陽師の雰囲気が戻ってきて、それまでの行き過ぎとも思えるスプラッタな描写は少し鳴りを潜め、事件そのものがいろいろな人物の目を通して語られていきます。

最終的には「人の心に潜む鬼」にゆきつくのですが、その哀しさたるや…。
ちょうど海音寺潮五郎の『日本悪人列伝』を読んだあとだったので、余計にそう感じたのかもしれません。

下巻は最後まで一気に読んでしまいました。
重厚で雰囲気のある一作。
おすすめです。
kyri * 本の話 * 22:38 * comments(20) * trackbacks(0) * pookmark

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

―――でも、あなたはプレゼンテーションを依頼されてしまったわけですね

ほとんどの人は可能ならばプレゼンなんてしたくもないし、人のプレゼンを聞きたくもない。

そんな基本的な、けれども意外と見過ごされてしまいがちな事実を基点として、効果的なプレゼンを行うために何が必要か、ということを実例を紐解きながら解説していく名著。

・聞き手に価値を提供する
・プレゼンテーションの目的を明示する
・聞き手を知り、分析する

などのプレゼンを行う前提条件から、必ず時間通りに始めて、時間通りに終わらせる、しっかり練習し、事前準備をおこたりなくする、など、聞き手の目線にたつことの重要性など、改めていわれると目から鱗な話がたくさんありました。

いわゆる実用書の類に入ると思いますが、ユーモアがふんだんにちりばめられているので退屈せずに最後までさらっと読めました。この本自体がひとつの見事なプレゼンになっています。
kyri * 本の話 * 19:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

鏡は横にひび割れて

ミス・マープルの住むセント・メアリ・ミードの村にアメリカの女優が引っ越してくる。その家で行われたパーティのさなかに、おせっかいで有名な招待客の一人が変死して…。

久しぶりに読み始めたこのシリーズ。ポワロも好きですが、どちらかというとミス・マープルの方が好きです。
事件の当事者たちを「自分が知っている誰か」との類似点を見出して、その心理を考えていくことで、事件を解決に導いていく。

殺伐とした殺人事件というよりは、それをめぐる人々の人間関係をゆっくりと細やかに描いていくことで、事件そのものがゆっくりと浮かび上がってくる物語です。
振り返ってみれば伏線もしっかりと織り込まれているのですが、それらを意識していなくても上質なサスペンスとして読むだけで楽しめます。

ミス・マープルのいざというときの犯罪に対する凛とした正義の姿勢が気持ちいいです。
ラストのなんともいえない雰囲気もおすすめの一作でした。
kyri * 本の話 * 19:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ぽっど。

久しぶりに音楽が聴きたくなって、第一世代の iPod nano を取り出したら切なくなったので、思わず iPod touch(32GB)を買ってしまいました。

もーこれね!イイ!すばらしすぎる!
ぐりぐり動くし、無線LANだからさくさくだし画面すごくきれいだし、Storeからさくさくアプリ落とせるし!

とにかくUIがこだわってるなーという印象です。
スピードもさることながら、細部までのこだわり。

これがAppleのクォリティかと思うと、もうなんかぜんぜんその分野では勝てる気がしない。
かっこいいなー。

iPhone(touch)アプリって何がいいんだろと最初は思っていたのですが、CMでもやっているけど、やっぱり指先ひとつでダイレクトアクセスなのが圧倒的に便利。
Twitterも新聞もGoogleも、ボタンひとつで行けちゃうから、普段ほとんどブラウザを使わなくなる。逆に言えば、アプリに対応していないWebのみの機能って確実に触る機会が減ってる。

もちろん、アプリの先がただのWebアプリ、っていうのがたくさんあるけど、それでも入り口が「指先ひとつ」とそうじゃないのは、これから確実に差が出てくると思う。
というわけで、多少しょぼくても思い切ってアプリのリリースしていく方がいいんじゃないかなと個人的には思います。

ちなみに今入れていて実際に起動しているのは以下のアプリ(【】内は起動頻度)。

【◎】Ecofone:Twitterクライアント(無料)
【○】産経新聞(無料)
【△】食べログ(無料)⇒ すごく使いやすくてキレイ!
【△】weathernews(無料)⇒ あんまし見てない
【○】Free Battery(無料)⇒ バッテリ残量がきれいに見えてなんかイイ。
【○】DecirderRing(115円)⇒ 数独×クロスワードみたいな。UIがカチョイイ。
【○】楽天トラベル(無料)⇒ きれいで見やすい。地図がもう少し速いといいな。
【◎】SkyBook(115円)⇒ 青空文庫ビューワ。十分!手のひらに文庫がいっぱい!
【◎】GoogleApps(無料)⇒ ブラウザ直結だけどけっこう使う。
【○】クックパッド(無料)⇒ 豆腐ハンバーグ作れた!もう少し機能追加欲しいな。

ま、ちなみに touch なんでおうちを出るとただの音楽プレーヤー…と思いきや、青空文庫とDecorderRingで意外と退屈知らずです。

久々のスマッシュヒットアイテムでした。
kyri * 気になるもの * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スローンとマクヘールの謎の物語

電車の中でみた「ウミガメのスープ」が気になって買ってみました。

水平思考ゲームというのをまったく知らなかったのですが、謎に満ちた短いストーリーが最初に提示され、それに対してプレイヤーが出題者にはい・いいえで答えられる質問を投げかけていく、というものだそうです。

たとえば

男はアイルランドの首都ダブリンからコークの街まで街道に沿って歩いた。
だが、彼はパブの前を1件も通り過ぎなかったと言う。
アイルランドでは、パブは街角ごとに見られるものだというのに、
どうやって彼はパブを1件も通り過ぎずに行けたのだろう?


という問題が提示された場合に、

男はパブの地下を通った?


という風に質問をすると、出題者が「はい・いいえ・関係ない」の3択で答えてくれるので、少しずつ自分で答えを解明して行きます。

これがなかなか面白いです。
続きを読む >>
kyri * ゲーム * 17:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

レ・ミゼラブル

読む本がなくなったので、たまにはブンガクでも読んでみるかと、まとめ買いしてみたはいいもののまったく面白くなく、正直どうしようかと思いました。

基本的に『レ・ミゼラブル』といえばジャン・バルジャン、ああパン盗んでなっがーいこと刑務所入れられて、せっかく出所したのにやさしくしてくれた神父さんの銀の燭台盗んじゃった人でしょ。

くらいの知識から始まってました(by 道徳の教科書)。
なのに、話が始まらない。
ジャン・ヴァルジャン出てきたと思ったら、全然いなくなるし。
ひたすら司教さんの話が続く。しかも司教さん一瞬しかジャン・ヴァルジャンに関わらないし。

おそらくはフランス革命とその後のフランスがどうであったのか、を語ることが作者の主眼であって、ジャン・ヴァルジャンの物語はその話の中心からずれているのだろうなあと思いました。
だから、当のジャン・ヴァルジャンよりも、彼と本の少しの関わりしか持たない(あるいは直接にはまったくかかわりを持たない)人の詳細が延々と語られる。
マリユスの祖父とか、あそこまでの詳細な描写は物語を進める上ではまったく不要だとしか思えなかったし。

だから、そもそも「ジャン・ヴァルジャンの物語」ではなく、「フランス革命とそれによって変化した、あるいはしなかった社会の物語」であると事前にわかっていれば、そんなに躓かなかった気がします。

続きを読む >>
kyri * 本の話 * 00:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ジャケ買い。

ブックスのAPIが先月末にリニューアルされたのでつくってみた。

http://jacket.ps-inc.org/

もともと社内のアプリコンテスト的なもの用につくったのですが、いろいろかすりもしなかったのでイチから作り直して公開(笑)

出版社だけ指定してだらだら眺めるのがおすすめです。
江國香織の一覧みてて思わず『おひさまパン』買っちゃいました。
自分としてはけっこうべんりなのでよしとします。
著者一覧は恣意的。
本当は全部並べたいけど、どこかに著者一覧落ちてないかなー。

あとDVDは写真ちっさいのばっかりなのがちょっと残念。
ただ、AWSと違って1回のリクエストで最大30件まで取れるのが楽ちんでいい。

次はトラベルのでつくってみようかなー。
kyri * 趣味 * 00:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ